導入事例

概要

施設名/イベント名伊達大滝CHILDHOOD 様
住所〒052-0313
北海道伊達市大滝区大成町1
施設/イベントURLhttps://childhood2023.com/
導入種別アスレチック施設
チケット販売方法オンラインチケット販売+現地チケット販売
導入機器券売機15インチ 2台

導入施設について

伊達大滝CHILDHOOD 様は、「童心に帰れる遊び場」をテーマに、2019年に閉校した旧校舎や校舎周辺を再活用した次世代型複合アトラクションパークです。
2023年5月13日(土)にグランドオープンしました。

720平方メートルの旧体育館に導入するアトラクションは、ほぼ全てが北海道初のアトラクションです。5種のトランポリンを中心とした様々なアトラクションや、さまざまな障害物をアクションゲームのようにクリアしていく巨大フィールドアスレチック、学校の面影を残した空間でレーザータグ、VRという近未来な遊びが体験できます。

導入の目的① – 入場管理

それぞれの入場時間に予約が集中しないよう、オンラインでの事前チケット販売を行えるようにし、入場数の事前把握をするため

導入の目的② – 人件費削減

新規施設のオープンということもあり、人件費を少しでも削減できるよう、 オンライン販売と、券売機販売の両方の販売集計を一元管理するため

導入事例一覧